出会えない系サイト

出会い系サイトの相談が有るので、「出会えない系サイト」を読む。サイトにはまっている人は、一読の価値が有る。運営している方は、一定の収入が見込まれるからである。又、文章で知る事によって、現実を認識することが出来る。世の中には、いろいろな商売・仕事がある。

[tmkm-amazon]4289000088[/tmkm-amazon]

透光の樹

髙樹のぶ子の透光の樹を読む。「生」と「性」を書く。小説家は、「性」が書ければ本物だと聞いたことがある。ここまで、書けるのかと思いながら読む。そこには、いやらしさはない。人間が生きるという事。そこには、自然が有り、歴史があり、生きる営みがあり、死がある。金沢や能登を散策したくなった。

[tmkm-amazon]4167373130[/tmkm-amazon]

日航123便墜落事故

520名の方々が亡くなった御巣鷹山の日航123便墜落事故の原因については、今も議論が有る。その事を語った本が藤田日出男著『隠された証言』である。いろいろな圧力により真実が歪曲される場合もあるのかと。真の原因が究明されることが亡くなれた方々への一番の功徳と著者は語る。真実の究明は何より大切と思った。

[tmkm-amazon]4101293511[/tmkm-amazon]

後藤正治

松井秀喜が甲子園を観戦した。後藤正治の「孤高の戦い人」に松井の話がある。彼の人柄を知る一助になる。その道で大成する人は、いい物を持っている。それを知る事は、参考になる。

[tmkm-amazon]4006031882[/tmkm-amazon]

ミカドの肖像

猪瀬直樹の「ミカドの肖像」を読む。明治から昭和までの日本の変遷の一部を学ぶ事が出来た。如何に学ぶ事が多いかも痛感させられた。厚いけれど機会が有れば一読をお勧めする。

[tmkm-amazon]4094023127[/tmkm-amazon]

半澤直樹

半澤直樹を見た。諦めない。何事も諦めない事が大切と痛感。債務整理も、依頼した事務所と家計状況、生活状況等を開示しよく相談すれば道を開ける。出来るだけ任意整理で解決するのが一番と思う。任意整理は返金で苦しい、しかし一番生活が立ち直る方法と思える。お金の大切さと生活習慣を立ち直す事を、知る事が出来るから。

堂々たる政治

与謝野先生の「堂々たる政治」を政治の変わり目であるこの日に、政治とはどうあるべきかと一読してみた。与謝野先生は、ジョゼフ・フーシェというある政治的人間の肖像を読んで強く影響を受けたと有った。アマゾンに注文した。勉強する事は沢山ある。

[tmkm-amazon]4003243749[/tmkm-amazon]

明け渡し

家賃未納による賃貸建物の明け渡しの依頼を受けた。大家さんは、家賃未納の事実と契約違反に目が行き、Ⅰ契約の解除Ⅱ建物の明け渡しは別の行為である事を理解しづらいようである。先ず、賃貸借契約を解除し、それから建物の明け渡しに入る。期間と経費が掛かる。大家さんは、契約する際に、貸す人の選択が強く望まれる時代である。

[tmkm-amazon]4904842030[/tmkm-amazon]

人生五十年

「人間五十年、下天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり。
ひとたび生を得て滅せぬもののあるべきか」
(人間の一生は所詮五十年に過ぎない。天上世界の時間の流れてくれべたらまるで夢や幻のようなものであり、命あるものはすべて滅びてしまうものなのだ。)
横山秀夫著「半落ち」を読む。50歳。生死を含んで、自分の人生が見えてくる。ここをどのように生き抜くかが、その後の人生を左右する。華々しく成功していた法律事務所が一度に衰微する場面も本に出てくる。日々の研鑽と時代に流れに沿わなくては、企業も事務所も成り立っていかない。人生も日々の積み重ねがなければ上手く過ごせない。毎日が大切。

[tmkm-amazon]4062751941[/tmkm-amazon]

米原万里

読書力のなさと、不勉強を知らされた本。米原万里著の「打ちのめされるようなすごい本」。ある意味で一読をお勧めする。

[tmkm-amazon]4167671042[/tmkm-amazon]