南淵明宏

南淵明宏氏の「心臓外科医の挑戦状」を読む。医療職人を目指す先生の姿に感銘。手術の数をこなすことこそ、技術進歩があり必要不可欠と断言する。私の事務所も事件をこなすことが事務所の力を増すことと思った。手術もそれぞれ異なる様に、依頼受ける事件もその内容は微妙に異なる。その中で依頼者の最善の道をお探しするのが事務所の任務か。悪い意味の唯我独尊にならずに、多くの情報を得て、最善の道を探すのが専門職の責務と思った。

[tmkm-amazon]412205009X[/tmkm-amazon]

プロジェクトX

プロジエクトX4豊田商事事件・中坊公平チームの闘いを読む。弁護士魂を感じた。司法書士魂というものを作れるか。作る事が出来れば、社会的地位も高まると思えた。豊田商事で多くの詐欺の種がまかれたとも書かれている。社員が詐欺の種に成った。それが、今、跋扈している。騙す方が悪いのか、騙される方が悪いのか。それは、道徳。法律以前の問題。人を騙さない。大事な事。騙された人の役に立つのも私たちのお仕事かと思う。騙すという草を刈るのも責務か。

[tmkm-amazon]4344411374[/tmkm-amazon]

司法書士の仕事

山本浩司氏の「司法書士の仕事」を読む。不動産登記を中心としていた仕事内容が変化している事。「士業」間の棲み分けが難しくなっている事。士業としての問題点が列記されている。それにしても最後は、各資格者の精進が事務所維持と発展をはかるものと思った。

[tmkm-amazon]4502433608[/tmkm-amazon]

細谷亮太

小児科医細谷亮太先生の記事が新聞に有った。先生著ー今、伝えたいいのちの言葉ーを購入。命の貴重さ、使命感、そして、希望の場「そらぷちキッズキャンプ」設置の話を知る。自分の分野で務め続ける大切さを教わる。司法書士業務に更に研鑽をと思う。

[tmkm-amazon]4333024129[/tmkm-amazon]

民事交通事故

弁護士専門研修講座「民事交通事故訴訟の実務」を読み始める。一般相談での問い合わせが有ったので。今は普通の交通事故は、保険会社が間に入って解決し、複雑な交通事故だけが弁護士に依頼される傾向である。そのため、保険並びに医療に関する知識が求められるとあった。司法書士は不動産登記法の勉強だけで済んだ時代は本当に終わっているのだとの実感を抱く。相続登記に関しては、税務に関する知識を求められる。士業も、隣接業種の知識が求められ、それに応えて行けなければ事務所の運営も難しい。日々の研鑽が求められる大変な時代に突入しているのである。

[tmkm-amazon]4324088055[/tmkm-amazon]

司法書士の歴史

司法書士のルーツは、明治5年司法卿である江藤新平が主導して制度化した代言人、代書人、公証人の役割を創った時に遡れる。法曹界において、代理権を得る事を目指すだけではなく、司法書士は代書―書く力によって、弁護士や公証人と立ち向かって行くべきではないかとの意見を読んだ。書く力によって、最高裁まで戦える司法書士を目指すことも大切と同感した。研鑽が求められる。

柳井正

柳井正氏の大学変えねば日本は沈むの記事を読む。その提案として⑴大学の役割改正―社会人が学び直せる機会を増やすため、生涯学習の機能を強化。起業家の育成機能の拡充。⑵教員の人事評価―社会変化に合わせて講義も刷新し、教える技量も向上させる。⑶大学の会計制度の見直し―経済合理性を基準とする企業並みの会計制度を導入。⑷大学の監督制度―文部科学省による監督体制を廃止し、学問の自由を優先する。大学にも、競争原理を入れなければ、アジアで大学は生きて行けないと私も思う。
私達の「士業」も、報酬規程の一律化が無くなった。「競争原理」が食い込まれた。安閑としてその資格のみでは、事務所の運営が難しくなっている。同業間での報酬競争が生まれている。確かに、各司法書士の資質の向上は生まれた。しかし、その一方で資格を得ても生活ができない者も、生じている。甘い考えかもしれないが、資格社会は競争原理だけで良いのかと、又、ふと考える一人である。

時代小説対談

居眠り磐音江戸双紙の著者「佐伯泰英氏」と三菱東京UFJ銀行相談役「畔柳信雄氏(くろやなぎのぶお)」との時代小説対談記事が有った。そこで、畔柳氏が眼前の試練のなかに次の成功が隠れていると語っている。司法書士事務所も登記業務全盛時代が終焉し、債務整理全盛時代に陰りが出、事務所運営の試練が発生している。しかし、お客様に役立つ新たな法律業務に対応することが出来れば、事務所の存続はあると思う。まさに、眼前の試練のなかに次の成功が隠れていると思う。試練を乗り越える気力と努力が求められている。

徒歩15分

徒歩15分の潜む商機の日経新聞記事。「元気な高齢者にとって、心理的に歩くことが苦にならないのは15分。距離にすると1㎞。足が衰えを感じると、700メートル程度に縮まる」とある。コンビニは、この点も狙っているとある。私達への仕事の相談も、この事を考えなければならないと思う。相続登記の相談で登記所脇の事務所まで相談に来た方々が、電車に乗って相談に来るかである。以前は、事務所しか業務ができないとの規定が有ったが、お客様の希望に応えて行かなければ、士業も成り立って行かない。私達がお客様の方へ出向く気持ちが求められる時代が、すぐそこに来ていると思う。

企業の存在意義

日経新聞大機小機が企業の存在意義を定義している。「企業の存在意義とは、顧客の望む商品を提供することだ。利益は結果にすぎない。」司法書士事務所も同様。依頼者の望む法律的解答を出せるかである。答えは一つではない。そこに、事務所としての努力が求められると思う。今年も、事務所の資質向上に努めたい。新年明けましておめでとう御座います。