色は匂えど

新聞の切抜きの整理。日経新聞文化欄に「色は匂えど…」と題してドイツ在中の四元康祐氏が新いろは歌を書いている。そこに、昔習った空海とも柿本人麻呂作と言われる諸行無常を謳い上げたいろは歌も有った。

「色は匂えど散りぬるを我が世誰ぞ常ならん有為の奥山けふ超えて浅き夢見じ酔いもせず」。馬齢を重ねると、心に沁みる。

NHKのど自慢チャンピオン大会

 NHKのど自慢チャンピオン大会を見た。「海雪」に始まり、「君は薔薇より美しい」で終わった。全国代表15名が歌った。歌というものを満喫した。
 各代表者のビデオが流れ、その後、歌が有った。家内が、皆さんに素晴らしい家族があると言った。家族が代表者を支え、それが歌詩と歌唱力に表れて、聞く者の心に響く。
 優勝者は、「契り」を歌ったホベルト・カザノバさん。ブラジル人。日本人の妻が子供を抱きながら泣いていた。結婚までいろいろ有ったのかも知れない。債務整理。家族に秘密でという依頼がある。私は、家族の支えが必要と更に強く思った。