中坊公平

中坊公平氏の「中坊公平・私の事件簿」を読む。法律家としてのある原点があると感じた。社会正義。法律を学ぶ者はこれを忘れてはならない。生活を維持しながら、社会正義を貫く事は難しい。まさに、そこに人生があり、生き方がある様に思える。

[tmkm-amazon]4087200639[/tmkm-amazon]

長谷川三千子

 長谷川三千子、埼玉大学教授。10月8日付産経新聞の「正論」に、本当の正義の話をしようと題して、書いている。
 正義とは、本来、冷厳で過酷な面が有る。
 死刑制度に残酷だから廃すべきとの人もいれば、凶悪犯罪防止のためには死刑を存続すべきだというふ人もいる。しかし、この世には、それを犯した当人が自らの命をもってあがなう他はない罪というものが存在する。だから法は、極刑の概念を捨てることきできない。
 正義とは、不正は処罰しなければならぬという峻厳な理想である。
一つの言葉が持つ、特に法律が持つ概念。それは、人の命をも奪うものであることを考えさせられた論で有った。