本山敦

本山敦立命館大学教授が、平成17年12月号の月刊司法書士に「平成の小説にみる家族法」を書いている。そのなかで、川上健一著「翼はいつまでも」に付された角田光代の解説が最高傑作だと言っている。本山氏は学習院大学の文学部哲学科から法律家になつた先生。心を大事にされる方かも知れない。

[tmkm-amazon]4087476995[/tmkm-amazon]

概説西洋法制史

法律の専門書を読んでいたら、最近の法律家は、法律の関する読書量が少ないと有った。法律を幅広く、厚みある理解力を得るのには法制史等法律に関する本を、より読まなくてはならないと有った。「法とは、最終的には、その社会が容認する何らかの実力行使によって実現もしくは守護されなければならない規範である。法は、その限りで人々の共通感覚や社会規範のより厳格で明確な表現形態である。ある地域の一定数の人々がある程度普遍的に正しいと考え、それを力によっても守らねばならないと考えるとき、そこには〚法〛がある」刑法総論を読むと、これと同様な内容がある。〚法〛は動く。動きに付いていくのには、読書量と思える。

[tmkm-amazon]462304064X[/tmkm-amazon]

中坊公平

中坊公平氏の「中坊公平・私の事件簿」を読む。法律家としてのある原点があると感じた。社会正義。法律を学ぶ者はこれを忘れてはならない。生活を維持しながら、社会正義を貫く事は難しい。まさに、そこに人生があり、生き方がある様に思える。

[tmkm-amazon]4087200639[/tmkm-amazon]

仙厓和尚伝

堀和久著「仙厓和尚伝」を読む。出光佐三が和尚の絵を好んで蒐集しているのを知ったからである。禅修行の厳しさを知る。不立文字。厳しい修行の道において自分で禅の精神を獲得する。法律の勉強も同様のところが有る。寸暇を惜しんで勉学に努めなければ正しい法律の適用は出来ないかも知れない。

[tmkm-amazon]4101454213[/tmkm-amazon]

加藤友朗

移植外科医加藤友朗氏の「移植病棟24時間」を読む。日経新聞に加藤先生の記事が有ったので購入した。9年前の本であるが、米国における移植外科というものを知る事が出来た。子供の生死に関する移植する際、子供の人権を最大限に尊重するため親が同意しない場合は裁判所が許可をする方式があることを知る。法律の有効性と厳しさを知る。それと同時に、法律の深さを思う。法律そのものに対する研鑽を強く感じた。

[tmkm-amazon]4087467791[/tmkm-amazon]

会社法

難解の会社の登記の依頼を受けた。改正後、なかなか勉強しなかったので、この際と思い条文を読み始めた。旧法の倍の条文数であり、字数も数倍。そのなかで、全体像を把握できる本が有った。興味のある人に一読をお勧めする。本は、会社法の根本は104条にあると言う。「株主の責任は、その有する株式の引受価格とする。」ここから、会社法は始まる。

[tmkm-amazon]4502950408[/tmkm-amazon]

大野正男

大野正男最高裁判事の「弁護士から裁判官へ」を読む。法律というものがどういうものか。最高裁がどうなっているのかを知る事が出来、勉強になる。大野先生が学んだ先任の松田二郎最高裁判事の言葉を本に援用している。「私は、最高裁の多忙なことは、かねて聞いていましたが、最高裁に入って、量的に多く、しかも、質的に困難な問題に直面して、全く仕事に忙殺されてしまって、今日に及んでおります。……私としてまず一番当惑したのは、難問が民事、刑事、行政、労働その他広い法域に亘っていることでありますが、しかし、先輩の裁判官がこれを手際よく捌いていられるのを見て、私は「神業」のように感じたのであります。……思えば神ならぬ身が、いわば、神々の仲間入りをしたようなものですから、忙しいのは当然のことだと、私は自分に言い聞かしている次第であります。」大野先生も最高裁判事中は、記録読みで等で他の本を読むことがほとんど出来なかったと書いている。

[tmkm-amazon]4000020536[/tmkm-amazon]

日経ビジネス

日経ビジネス昨年の12月17日号「沈まぬアジア」を読む。東京から本社が消えるとの記事。この10年で8823社が東京から東京以外へ本店を移転したとある。東京・丸の内に本店を持つの功成り名遂げた企業の証しであり、経営者の夢。それが通用しない時代が正に来ているということ。私たちの仕事もどのように展開していくか予想がつかない。会社法が改正になり、今回は約100年続いた民法も改正になる。時代の動きは激しい。

犯罪被害者等の権利利益の保護を図るための刑事訴訟法等の一部を改正する法律

標記の法律に関する本を読んだらとのお話が有った。加害者関係に対して国が支出している平成17年度金額。約354億円(国選弁護士、矯正収容費他)。一方、被害者に対する支出は11億円。被害者の権利保護の面があるから、その差額は致し方ない面もある。でも、被害者の視点、立場はやはり考慮すべきと思う。下記本も、一読の価値がある。

[tmkm-amazon]486306053X[/tmkm-amazon]

民法の編成

法律の勉強を始めたとき、目次を先ず暗記しろと教わった。恥ずかしい話、ある本を読んでいたら民法の編成は次の通りであると有った。
第一編総則、これは総則。
第二編物件、これは人と物。
第三編債権、これは人と人
第四編親族、家族関係 第五編相続、相続関係。併せて、これは身分法・家族法。民法の条文を理解する際、人と物、人と人等を基礎に各条文を読めば本当の理解は早いと思った。又民法の三の基本原則は、Ⅰ所有権絶対の法則(206条)Ⅱ私的自治の原則(91条)Ⅲ過失責任の原則(709条)。更に、私権の行使の制限は、Ⅰ信義則(1条2項)Ⅱ権利濫用(1条3項)。民法における人間関係等で問題が生じたら、以上の基本的考えを根本に置き、条文を読み、当てはめていけば正しい解決が得られると思った。