保護のてびき(生活保護法)

生活保護法第1条「この法律は、日本国憲法第25条に規定する理念に基づき、国が生活に困窮するすべての国民に対して、その困窮の程度に応じて、必要な保護を行い、その最低限度の生活を保障するとともに、その自立を助長することを目的とする」。わが国の公的扶助制度は、701年の大宝律令にその萌芽を見る。徳川時代は御救金、御救米といった窮民救済制度が有った。明治時代には恤救規則があり、昭和4年に救護法が制定されたとこの本は歴史を書く。そして生活保護法は、要保護者に対する生活保護が国家責任を原則とすることを明文化したものと指摘する。国家に責任がある。この法律を理解する根本がそこにある。

[tmkm-amazon]4474028139[/tmkm-amazon]

生活保護

債務整理を円滑に行うには、最悪の場合にも相談に乗れなければならないと思い『生活保護受給マニュアル』を読む。

憲法25条第1項すべての国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。第2項国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。この憲法条文から生活保護法が制定された。福祉事務所に生活保護の申請を行う際、困った事情に⑴個別的な重大性と⑵客観的な深刻さが認められれば生活保護を受けられると下記本にはある。

申請者ご本人の気持ちの整理と福祉事務所を納得させる資料の収集が必要な事が分かった。

[tmkm-amazon]449558071X[/tmkm-amazon]

生活保護

 今日の朝日新聞。不況を乗り切る生活保護上の記事ががある。
保護費には8っの扶助がある。
 ①生活扶助②住宅扶助③教育扶助④医療扶助⑤介護扶助⑥出産扶助⑦生業扶助⑧葬祭扶助これらを上手く使い、生活を立て直す方法がある。条件は厳しい面もあるが。
 「自分の最低生活費を知っておこう」という湯浅誠さんの助言もあるとある。最低生活費を知っていれば、それを増やしていけば良いのである。上を向き、揚がって行くことができる。下を向く生活は辛い。