子供と老人

 昨日ある団体のバザーに家族一同が参加した。私は、1歳9ヶ月の孫の子守り役であった。この女の子は、焼きそば食べたり、味噌田楽を舐めたり、滑り台に行ったり、壮年には大きな行動を強いられた。会場は、団地に近いので大変な賑わいであった。隣接する公園を子供たちが駆け回り、幼子は泣き叫び、工作教室では小さな椅子作りが汗をかきつつ行われていた。地震体験車もあり、不安と遊び心のなかで子供達が揺られていた。新緑と同様、活気と若さと未来に満ちていた。

 子守の前、86歳の兄と84歳妹との兄妹の会話に偶然立ち会った。兄が、頂いたワラビを妹に御裾分けをしたのである。暫くぶりに、兄妹は逢った。会話はたわいないものである。でも、戦争を乗り越え、家庭を築き、子供を成長させ、その妹はこの10年来一人暮らし。そのたわいない会話と室を流れる風に爽やかさと重みを感じた。兄は、長生きすることが社会にとって正しいことなのかとふともらす。哲学的言葉。

 産経新聞に曽野綾子が、死にそうにないとしか思えなかった上坂冬子の事について書いている。彼女は素晴らしい名言を残したと言う。一つは「東京の地価が高いのは魂の自由代が含まれているからだ」東京は誰がどんな生き方をしても一切、口出しをしない土地。彼女にとっては、この自由こそ人間性を保持するための、社会構造上、必須条件だった。そして、上坂は、もうひとつする仕事があると数年来言っていたその名言は、「死ぬという仕事を果たす」ということである。そして、曽野はこう結んでいる。私は彼女の死を少しも悼んでいない。これだけ自由に羽ばたき、上坂冬子という名前を聞いただけで皆が笑顔を禁じえないような魅力的な生涯を、誰もが送れるものでないからだと。

 子供の活発な姿、長生きは本当に良いものかと問う者、そして、死ぬという仕事を果たすという人。そこには生がある。

裁判所

 昨日、東京地方裁判所の刑事事件を傍聴した。裁判への国民参加が行われるので、法廷も改造されていた。大スクリーンや机の前にノートパソクンが置かれていた。

 事件は、不法滞在違反で起訴されたフィリッピン国籍の方であった。判決は、2年6ヶ月の実刑と四年の執行猶予の判決で有った。通訳を入れての裁判であったので、倍の時間がかった。強制送還になるので、再度日本に入国なければ、実刑を受けることにはならないであろう。裁判所は、通訳を確保するに大変だと読んだことがある。国際社会、裁判も国際的である。今後も、裁判は更にいろいろな面で改革されていくで有ろうと思った。又、時代に沿った考え方と勉強がひいられると思った。

社会を明るくする運動

某団体の代理として、第59回社会を明るくする運動中央推進委員会会議に出席した。

 法務省の大会議室。小津事務次官が挨拶。平成21年度の推進方法と中央推進委員会加盟団体の本運動の推進方・協力方が協議確認された。

 社会を明るくする運動は、不幸にも犯罪を起こし方々の社会復帰とその更生を願う活動である。又、犯罪防止の活動である。罪を憎んで、人を憎まずである。犯罪や非行のない安全・安心な社会を築くには、犯罪や非行から立ち直ろうとするこれらの意欲を認め、地域社会の中に受け入れ、見守り、支えていくことが不可欠。だからこそ、これに関係する団体を含めて、社会の多くの団体、人々の連携と協力が求められる。更に、犯罪そのものを起こさない社会造りも求められる。

 中央推進委員会を構成する機関・団体の一部を記載する。 日本司法書士連合会 日本弁護士連合会 最高裁判所他 全国防犯協会連合会他全国知事会他 全国銀行協会他 日本経済団体連合会他 全国高等学校校長会他等。日本野球機構他、多数の分野の団体である。