人生五十年

「人間五十年、下天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり。
ひとたび生を得て滅せぬもののあるべきか」
(人間の一生は所詮五十年に過ぎない。天上世界の時間の流れてくれべたらまるで夢や幻のようなものであり、命あるものはすべて滅びてしまうものなのだ。)
横山秀夫著「半落ち」を読む。50歳。生死を含んで、自分の人生が見えてくる。ここをどのように生き抜くかが、その後の人生を左右する。華々しく成功していた法律事務所が一度に衰微する場面も本に出てくる。日々の研鑽と時代に流れに沿わなくては、企業も事務所も成り立っていかない。人生も日々の積み重ねがなければ上手く過ごせない。毎日が大切。

[tmkm-amazon]4062751941[/tmkm-amazon]

企業とは

企業とは。「変化に対応できる企業が勝ち残る」。言い古された言葉。だから真実。司法書士事務所も深化と変化に対応しなければ存在できない。不動産登記に関係ある「大激変2020年の住宅・不動産市場」を読む。

[tmkm-amazon]4023310328[/tmkm-amazon]

ゼロからの挑戦

稲盛和夫氏の「ゼロからの挑戦」を読む。経営の根本は「売上最大、経費最小」と有った。どうしたらそうなるか、そこが経営者の手腕である。そのためには、正しいことを正しいままに追及していくことにあると言う。嘘をつくな、正直であれ等を当たり前の事を実践していくことにあると言う。毎日の正しさこそが経営か。

[tmkm-amazon]4569802893[/tmkm-amazon]

海賊とよばれた男

「海賊とよばれた男」上・下を読む。1.勤勉2.質素3.人のために尽くす。この信念が事業を維持し、世の中のためになるものと再確認する。タイムカードもない会社。人への信頼と勤勉は大事と思った。

[tmkm-amazon]4062175657[/tmkm-amazon]

井戸実

(株)エムグラントフードサービス社長井戸実氏の記事を読む。飲食業で自分資本で経営者に成れるのは、0.1%以下。その店を10年間継続できるのは1%。1000分の1。飲食業の厳しさを知る。その中で生き残っている一人である。彼は、3年後にはこの飲食業で1000億円売上を目指す目標を語る。目標がなくなると飽きが来る。すると企業は腐っていきます。停滞は安泰から起こりますとも語る。私達の業務も、どのようにな法律的業務がお客様に役立つかを考え、その必要分野の研鑽に努めなければ衰微すると思う。
企業も、法務事務所も社会の中で生きている。

池尾彰彦

池尾氏の「あなたの会社が儲からない本当の理由」を読む。会社経営者=社長としてやならなければならない事を列記している。全てあたりまえの事。当りまえの事が出来なければ、会社は成り立たないで倒産する。本当に大切な事。収入の内での生活。それが、債務整理の問題を起こさないことの例にもなる。事務所の運営も同様。所長以下の資質の向上に努めなれば、事務所は無くなる。本の中の一節。⑴社長たるもの人格者でなければならない。⑵それが無理でも心掛けることが肝要。

[tmkm-amazon]4862501494[/tmkm-amazon]

広岡浅子

剣道の朝藝稽古を通う講談社野間道場は、日本女子大のすぐ近くにある。広岡浅子はその創設者の一人と知る。市川房枝氏もその教え子と知る。渋沢栄一先生は事業とは毎日薄氷を踏むようなものであると広岡浅子に教える。人生は、七転八起を超える九転十起の頑張りが必要なことを広岡浅子は教えるし、実行する。物事の解決は行動との感を強くする。

[tmkm-amazon]426701194X[/tmkm-amazon]

日経ビジネス

日経ビジネス昨年の12月17日号「沈まぬアジア」を読む。東京から本社が消えるとの記事。この10年で8823社が東京から東京以外へ本店を移転したとある。東京・丸の内に本店を持つの功成り名遂げた企業の証しであり、経営者の夢。それが通用しない時代が正に来ているということ。私たちの仕事もどのように展開していくか予想がつかない。会社法が改正になり、今回は約100年続いた民法も改正になる。時代の動きは激しい。

藤本義一

藤本義一の「商人道」を読む。お父さんは商人。商人の三大条件は⑴始末⑵才覚⑶算用。イツマデモアルト思フナ、親ト金 ナイト思フナ 運ト災難。商イハ飽イ。笑ハ商ナリ。商ハ笑ナリ。良い言葉が満載。今回引退した野球選手松井の星稜対明徳義塾の話も出ている。

M&Aの時代に突入している。そのとき、商いの原点は何かを知る、一助になる本と思う。

[tmkm-amazon]4532192501[/tmkm-amazon]

山田真哉

山田真哉氏「さおだけ屋はなぜ潰れないか」を手に取る。M&A(会社買収・合併による事業承継)には会計学を理解しなければ始まらない。で、読み始める。関連の本も購入する。さおだけ屋が潰れないのは、⑴売上を増やす。⑵費用を減らす。この会計学の根本を行っているからさおやけけ屋は潰れないと書く。簡単。だから難しい。貸借対照表⇒資産や負債を見る⇒未来を見る。損益計算表⇒1年間の利益を見る⇒いまを見る。ともある。登記に関連した勉強を強いられる。

[tmkm-amazon]4334032915[/tmkm-amazon]