柳井正

柳井正氏の大学変えねば日本は沈むの記事を読む。その提案として⑴大学の役割改正―社会人が学び直せる機会を増やすため、生涯学習の機能を強化。起業家の育成機能の拡充。⑵教員の人事評価―社会変化に合わせて講義も刷新し、教える技量も向上させる。⑶大学の会計制度の見直し―経済合理性を基準とする企業並みの会計制度を導入。⑷大学の監督制度―文部科学省による監督体制を廃止し、学問の自由を優先する。大学にも、競争原理を入れなければ、アジアで大学は生きて行けないと私も思う。
私達の「士業」も、報酬規程の一律化が無くなった。「競争原理」が食い込まれた。安閑としてその資格のみでは、事務所の運営が難しくなっている。同業間での報酬競争が生まれている。確かに、各司法書士の資質の向上は生まれた。しかし、その一方で資格を得ても生活ができない者も、生じている。甘い考えかもしれないが、資格社会は競争原理だけで良いのかと、又、ふと考える一人である。

井藤公量

井藤公量氏の「資格試験勉強法」を読む。Wセミナーで川嶋尚道弁護士の司法試験短期集中基本講座で勉強していた部分の記載が有り、驚いた。私も同講座を取っていた。もしかしたら私も末席を汚していたかも知れないと思ったからだ。井上先生は見事、司法試験に合格し、今や弁護士とし活躍。井藤氏は、数々の挫折を乗り越え、凡人としてのダイヤモンドルールとスキルを見つけた事を書く。これから資格試験を勉強する方々には参考となると思う。資格を得られるか、得られないか、その差は一歩である。

[tmkm-amazon]4534048270[/tmkm-amazon]

選挙

先の自民党総裁選挙の前日、仕事の関係で小坂参議院議員を同会館の室に訪ねた。控室に座っていると、会館内を回っていた石破さんが入ってきて、宜しくと言いつつ控え室に座っている私達にも握手を求めて立ち去っていった。サルは木から落ちてもサル。議員は落ちたらただの人になるとの譬えが有る。そこには厳しい落差と現実がある。司法書士は資格。一度合格すれば、なくなる事はない。そこに甘さが生じる。選挙結果をみながら、資格の強さと、向上を求めなければならない必然性を感じた。